フォーラムなど企画(2009年まで)

横須賀米海軍基地見学と「アメリカ式火災予防プログラム」/2009年9月24日

 講師:在日米海軍司令部地域統合消防隊予防課課長・長谷川祐子さん

 9月24日、市民安全学会会長主宰の警察政策学会「市民生活と地域の安全創造研究部会」の活動の一環として、横須賀米海軍基地内を見学しました。 
 これは、在日米海軍司令部地域統合消防隊予防課課長の長谷川祐子さんのご厚意と横須賀市南消防署の小澤光男さんのご協力により実現したものです。
 長谷川さんは横須賀米海軍基地内の消防隊に約17年従事されており、日本国内ではあるもののアメリカ本土の消防と同じ方式で仕事をしておられる大変特殊な経歴をお持ちの方です。
 基地内の海軍施設を見学した後、長谷川さんからアメリカで実践されている「子どものための火災予防」についてお話をいただきました。アメリカでは火災予防教育がさかんで、特に子どもへの教育プログラムが充実しています。日本とは文化も風習も異なるため、そのプログラムは非常にユニークなものです。
 子どもとはいえ、火災などいざという時には体に点いた火を自分で消し(Stop,Drop And Roll「止まれ、倒れろ、転がれ」)、燃えさかる家から逃げ道を探して逃げなければ(Great Escape「大脱走」)なりません。そのような“サバイバル術”は子どもの頃から覚えさせなければ、またいざという時に実践できるようなものでないといけません。
 “実践的で楽しく、効果的な”アメリカ式安全教育の方式についてご披露いただき、我々の普段の安全教育にも反映させ、役に立てるべき部分が多々あると実感した一日でした。

実践的市民安全学オープンカレッジ2009年6月〜11月

【主 催】 日本市民安全学会・警察政策学会・(第3回、横浜市と共催)
【後 援】 日本セーフティプロモーション学会・社会安全研究財団・河中自治振興財団
【内 容】 日本市民安全学会では、横浜市、警察政策学会とともに第6回大会を開催する予定ですが、これに先立ち,新しい切り口の「セーフコミュニティ」研修会を開催し、「安全・安心未来都市」の在り方について皆様と議論を深めてみたいと思います。
詳細は、こちらからちらしをダウンロードしてください。
【開 催 日】
■第1回 6月21日(日)
■第2回 7月12日(日)
■第3回 11月1日(日)

実践的市民安全学オープンカレッジ:「セーフコミュニティ入門」第2回/2009年7月12日

 7月12日(日)、実践的市民安全学オープンカレッジの第2回目が横浜健康福祉センターで開催されました。
 この日は5名の講師の方々からお話を伺いました。
 前京都府亀岡市企画課長の山内勇さん、日本セーフコミュニティ公認コーディネーターの白石陽子さんからは、亀岡市においてセーフコミュニティの取り組みを始めたきっかけ、活動の経緯、活動で得られた成果などの実践例をお話いただきました。
 神奈川県厚木市旭町5丁目自治会防犯副部長澤田稔二さんからは、マンションでの空き巣被害をきっかけに、住民同士の結束を高め、防犯意識を向上させるために行ったコミュニティづくりとその効果についてお話いただきました。
 神奈川県警備業協会専務理事の早川正行さんからは、生活道路を人々のふれあいの場・コミュニティの場として再生し、犯罪の減少へ繋がっている横浜市泉区の好事例についてお話いただきました。
 そして最後に厚木市協働安全部セーフコミュニティ担当次長の倉持隆雄さんより現在認証取得を目指して厚木市で取り組んでいるセーフコミュニティの活動についてお話いただきました。

実践的市民安全学オープンカレッジ:「セーフコミュニティ入門」第1回/2009年6月12日

 この日は日本セーフティプロモーション学会理事や厚木市セーフコミュニティ専門委員も務める本学会石附会長より本オープンカレッジの主旨とセーフコミュニティの概念説明を含め、3名の講師の方からお話を伺いました。
 横浜市青葉区よもぎ地区まちづくり準備会理事の川村泰久さんからは、生活道路における危険な通り抜け交通対策として行った車両速度測定や住民の意見を数値化するなどの一連の科学的調査がまちの結束力を強め、副次的効果として防犯にも役立っている実践例をお話いただきました。

 初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会まちづくり推進部会部会長の竹内一夫さんからは、「麻薬と売春の街」と揶揄されるほどであった横浜市日ノ出町地区の環境浄化対策についてお話いただきました。防犯パトロールや看板の撤去などをはじめ、地元大学生との連携による芸術・文化的側面からのアプローチを含めた多角的なまちづくり施策についてお話をいただきました。

 横浜市栄区の稲坂恵さんからは、転倒・転落、溺れ、窒息など高齢者の住宅内における事故と安全対策について伺いました。高齢者の事故は年代や環境によって異なるため、単純な対策だけではなく、きめ細かい分析がとても重要になってくるというお話をいただきました。


第1回の参考資料は、 こちら からダウンロードできます。

地域に開かれた戸田市立芦原小学校見学(2009年5月13日)

 昨年、日本市民安全学会第5回大会を行った埼玉県戸田市の芦原小学校を、5月13日、見学しました。
 芦原小学校は平成17年に開校した新設校です。ガラス窓を多く採用して、学校の中から外への見通しを確保した設計や、壁や扉をなくした開放的な教室など、子どもの安全安心だけではなく、教育上の観点からも配慮された非常に素晴らしい学校でした。
 学校内をご案内いただいた前田一男校長先生のお話ぶりからも、子ども達を地域全体で見守り、育てていこうという熱意・情熱を感じました。特に、校内あちこちで見かけるこどもたちの顔が、もちろん職員の方々の顔も本当に明るく、イキイキしていたのが印象的でした。

 安全安心のこころをどう育てるかのお手本を教えていただいたことを感謝しています。今回の訪問は、第5回大会の際の御縁で、前田校長先生のご厚意により、市民安全学会会長主宰の警察政策学会「市民生活と地域の安全創造研究部会」の活動の一環として実現したものです。

堺市登美丘地区における安全安心まちづくりの「こころと技」/2009年4月12日

 4月12日、堺市の池﨑守氏(堺市立東文化会館館長、堺市登美丘地区防犯委員会委員長)を訪ね、登美丘地区での防犯に留まらない多角的・総合的なまちづくり手法「そのこころと技」についての研修会を持ちました。

 堺市における子どもを犯罪から守るプロジェクト:「子どもの見守りによる安全な地域社会の構築 ハートルネサンス」のまちづくりは、平成19年より、文部科学省傘下の社会技術研究開発センターの指定事業。今回の訪問は、同センターの領域アドバイザ-である日本市民安全学会会長から池﨑守氏への依頼により実現しました。

 堺市登美丘地区は、かつて自治会が立ち上がり自主的に防犯パトロールや街頭へのセンサーライトの設置といった取組みで、ひったくりや不審者対策で顕著な成果をあげたまちとして全国的に有名であっただけに、それがきっかけで、その後さらにひとの輪が広がり、活動も多角的・総合的なまちづくりに発展させることができた道筋、背景等について研修を行ったものです。

 学会会員は、リーダーの池崎さんから素晴らしいお話を聞き、また、警察やボランティアなど出席者から、まちのすべての安全関係者が皆で汗をかき知恵をだして、まちの諸々の問題解決に真剣に取組んでいる具体例を聞き、千利休の堺の地において多くの学びをえました。

第1回関西研修会/2009年4月11日

 4月11日(土)、大川哲次理事(日本市民学会西日本地区世話役)のご尽力により、大阪市内にて第1回学会関西研修会が行われました。
 当日は中部・関西・四国方面で活動されている学会理事・委員・会員の方々を中心に、総勢18名にお集まりいただき、3時間30分にわたる熱心な会合となりました。
 各会員からそれぞれ現在、お取り組みの市民安全をめぐるご報告があり、学会の今後の活動などについて活発な意見交換が行われました。特に、WHOのセーフコミュニティ関係のお話や大阪府下の治安情勢とその対策、犯罪再発防止をめぐる諸課題などのお話を通じ、今後とも、組織横断的な情報交換や連携の重要性を再認識したことでした。

実践的市民安全学オープンカレッジ/2008年6月〜11月

第5回実践的市民安全学オープンカレッジ/2008年11月16日

 当日のワークショップは、「見えざる的との戦い方」(彼我の力学、自助・共助・公助)をテーマに、坂 明氏(慶応義塾大学教授)からは、「ネット社会における危険の構造と対応」と題し、インターネット環境についての問題提起やサイバー犯罪の傾向など、また前田 浩雄氏(玉川田園調布防犯パトロール隊代表)からは、安全情報の伝達・安全対策の技法と題し、成果を挙げられてきた手法など、目から鱗が出そうなお話がありました。

 最後に、柿岡 守一氏(セキュリティー4A理事長)からは、侵入盗防止に向けた窓ガラスに対する実践的防犯指導が行われるなど盛り上がった実践講座でありました。

第4回「実践的市民安全学オープンカレッジ」/2008年10月19日

 今回ご講演をいただいたのは、子どもの危機回避研究所所長:横矢真理氏。
「子どもの危機回避のためにHPや携帯等の効果的活用法」をテーマに、子ども達が犯罪の被害に遭わないためにはどうすればよいのか、また子ども達を守るにあたって有益な効果的な情報配信、インターネット、携帯の活用術とは一体どのようなものなのか、これまでのご自身の研究活動実績より得られた教訓をお話いただきました。

第3回「実践的市民安全学オープンカレッジ」/2008年9月21日

今回ご講演をいただいたのは、(財)インターネット協会 主幹研究員の大久保貴世氏。
  「サイバー空間の少年被害の実態と安全対策」をテーマに、青少年のインターネットの利用実態や誹謗・中傷をはじめとしたトラブルの実例を示しながら、ネットの危険性や利用する上での心構え、今後子ども達が被害に遭わないために大人がするべき対応策などについて、ホットラインセンターでの活動実績より得られた教訓を熱心にお話いただきました。

第2回「実践的市民安全学オープンカレッジ」/2008年7月20日

 今回ご講演をいただいたのは、神奈川県松田警察署少年補導員連絡会会長で、サイバーボランティアとして活動されている松浦眞紀子氏。
 「インターネット時代の子どもを守る~ケイタイ電話の落とし穴~」と題して、携帯電話によるインターネット利用で現代の子ども達がさらされている危険や、子どもに携帯電話を所持させる事の大人の責任についてなど、自らのサイバーボランティア活動を基にした、貴重な講演が行われました。

第1回「実践的市民安全学オープンカレッジ/2008年6月15日

『情報空間犯罪』から子どもや高齢者の安全を守る」

 学校裏サイト等ネット社会における子どもの犯罪被害や警察庁の緊急対策が発せられた振り込め詐欺被害など、情報空間犯罪が急増し深刻化していることを受け、「実践的市民安全学オープンカレッジ第1回」(主催:日本市民安全学会、5回シリーズの講座)が、6月15日(日)、歌舞伎町ハイジアにて開催されました。

 この種の犯罪は、いつでもどこでも誰でも被害に遭いかねない危険性があり、市民生活の安全を確保するためには、情報空間犯罪の特性と対策について学んでおく必要があるためで、日本市民安全学会:石附会長により「オープンカレッジ」の趣旨と、情報空間の『危険と安全』の特質について、続いて当学会研究担当理事:江﨑徹治氏により「振り込め詐欺から高齢者を守る―詐欺犯罪の構造と市民の安全」と題して、振り込め詐欺被害の巧妙化、多発急増・蔓延化、被害の深刻化、多様な被害者対策の推進等について講演が行われました。

新宿歌舞伎町ルネッサンス塾/2007年5月〜10月

【主 催】 日本市民安全学会
【内 容】 繁華街における市民の安全、繁華街対策における警察の役割、ボランティアから見た安全安心まちづくり実践など月1回(1教室)開催
【開 催 日】 平成19年5月27日~平成19年10月21日

第4回「歌舞伎町ルネッサンス塾」/2007年9月16日

 東京入国管理局第一警備監理官:及川正明様、前新宿消防署予防課長(現赤羽消防署警防課長):長谷川伸生様を講師としてお招きし、歌舞伎町における「外国人対策」及び「防火対策」について、当時の取り組みをお話しいただきました。

第3回「歌舞伎町ルネッサンス塾」/2007年9月8日

 元新宿警察署長:原哲也様を講師としてお招きしました。
 歌舞伎町対策が本格化した当時の新宿警察署長であり、警察の歌舞伎町対策の指揮を実際現場で執っておられた当時のお取り組みを詳しくお話しいただきました。

第2回「歌舞伎町ルネッサンス塾」/2007年6月24日

 第2回目は、歌舞伎町商店街振興組合:城克事務局長を講師としてお招きし、実際に歌舞伎町において様々な対策、活動をされている中で、「地元」の立場としての視点やご苦労話などを、熱く語っていただきました。

第1回「歌舞伎町ルネッサンス塾」/2007年5月27日

 第1回目のこの日は、まず日本市民安全学会:石附弘会長が「歌舞伎町ルネッサンス塾」開塾の趣旨及び繁華街対策・市民安全学の総論について、続いて新宿区企画政策部歌舞伎町対策等担当:平井光雄副参事より、「歌舞伎町ルネッサンス推進協議会」発足経緯と施策内容についての講演が行われました。

 講演後も、聴講者の方々より、行政・警察・地元の三位一体となった繁華街対策、地域活性化の取り組みについて、活発な意見交換が行われました。