フォーラムなど企画(2014年まで)

大規模マンションコミュニティに関する研修会が行われました/2014年10月19日

[会 場] よこすか海辺ニュータウン「ソフィアステイシア・ガーデンサロン」
[講 師] よこすか海辺ニュータウン地域運営協議会会長、よこすか海辺ニュータウン連合自治会会長、ソフィアステイシアMLCP策定委員会委員長 安部俊一氏
[演 題] マンションの安全・安心から広域への展開、さらに次世代への継承
[内 容]

 よこすか海辺ニュータウン(横須賀市所在)のソフィアステイシア・ガーデンサロンにて、同地区連合自治会会長の安部俊一氏による、大規模マンションコミュニティの構築とマンション生活の安全・安心創造のあり方の全貌について講義していただきました。
まず、14階建てマンションの屋上から地域全体についてと、海辺に立地する同地域のリスクについて、防災士ならではの観点で説明をしていただきました。
 サロンに戻り、およそ1000人が居住するマンションのコミュニティをゼロから創り上げた、マンションコミュニティの構築の全貌について、お話ししていただきました。約11年前にこのマンションに移り住み、お互いに見も知らぬ人々の家には、泥棒が忍び寄ってきたといいます。そこで、居住者名簿と写真づくり、挨拶を通じ、外から入ってくる人が即座にわかるようにしたと、安部さん(当時自治会長)は振り返りました。
 今年は中高生による災害時生活支援隊「ジュニアレスキュー」を結成させました。彼らの若い力で、被災時、高齢者の高層難民に、水を配給する等の活動をします。防犯からスタートして、防災、そして地域を巻き込んだまちづくりへと発展してきた様子がうかがえました。
 また、当日は、同マンションの自治会や自主防災会の若手を含む主要メンバーにもご参加いただき、日本市民安全学会会員との活発な意見交換がなされました。

秩父市セーフコミュニティ研修会「セーフコミュニティの魅力と面白さ」/2014年7月13日

[主 催] 秩父市、秩父市セーフコミュニティ推進協議会、日本市民安全学会
[会 場] 秩父市歴史文化伝承館
[内 容]
 秩父市では、平成26年5月、WHO推奨の国際基準の安全・安心なまちづくり「セーフコミュニティ」の国際審査員のプレ審査を終え、平成27年度中にセーフコミュニティ・インターナショナルセーフスクールの同時認証取得を目指し、現在活動を進めています。
 今回の研修会は、その活動支援の一環として、秩父市、秩父市セーフコミュニティ推進協議会と日本市民安全学会の共同主催で開催されました。

◎講演1 「セーフコミュニティの『心技体』とその魅力」  
 厚木市および豊島区セーフコミュニティ専門委員
          日本市民安全学会 石附弘会長


 10年にわたるセーフコミュニティ現場観察から、リーダーの「心」についてお話がありました。


◎講演2 「地域を安全に、活動的に、健康にする~傷害予防の科学的アプローチ~」
 独立行政法人産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター 
                           主席研究員 西田佳史先生 


 何故、不慮の事故は無くならないのかその構造についてお話され、変えられるもの・変えられないものと、予防安全の関係を解りやすくご説明いただきました。


◎講演3 「ウルトラ高齢社会とSC~安全・安心の「向こう三軒両隣」づくり~」 
 活老生活アドバイザー 首都大学東京客員教授、自由学園最高学部非常勤講師 
                                 溝端光雄先生  
 参加者の大半を占める高齢者向けに高血圧、糖尿病等の具体的な加齢性疾患対策等につきユーモアと機知に富んだ説得性のあるお話でした


◎パネルディスカッション「セーフコミュニティの魅力と面白さ」


****
 会場のセーフコミュニティ対策委員会の方々等から、講師に対しセーフコミュニティや高齢者問題など、熱心な質疑応答が予定時間をオーバーして行われ、大変有意義な研修会となりました。
 なお、翌14日は秩父市の各名所を視察の後、秩父市のセーフコミュニティの取り組みについて秩父市と日本市民安全学会会員とで熱心なディスカッションが行われました。

特別イベント「警視庁巣鴨少年センター訪問と最近の少年問題についての合同研修会」が開催されました/2014年6月15日

[主 催] 警視庁巣鴨少年センター、警察政策学会市安研部会、日本市民安全学会
[会 場] 警視庁巣鴨少年センター会議室
[内 容]
 今回は、「JKお散歩」を知らずして、子どもの安全を語るなかれ!というテーマで、少年問題の最前線でご活躍の専門家にお話をしていただきました。
・少年問題の変遷と現状について
           巣鴨少年センター所長 内田孝正氏
・最近の少年相談の傾向と特徴について
       巣鴨少年センター心理技術専門官 原俊明氏
・サイバー空間を浮遊する少年たち
       市川警察署上席少年補導専門員 上條理恵氏
・中学生の自立と課題
          横浜市立南高等学校校長 鈴木英夫氏
 内田氏からは、少年センターの仕事・役割などの総括的なお話とともに、JKお散歩やJKリフレといった新しい問題への対応などについてご説明していただきました。続いて、原氏からは、少年センターでの相談の実際について、心理学の専門家の立場からご講演していただきました。
 休憩をはさみ、上條氏からは、スマホを介したつながりに偏り過ぎた子どもたちの現状と、それに起因するトラブル事例などについてお話しいただきました。鈴木氏からは、教育現場からのご報告をいただき、子どもたちの社会的自立のために大人と接する機会をつくる取組みなどについてお話しいただきました。
****

 会場となった、巣鴨少年センターの会議室があふれるくらい、たくさんの方にご参加いただき、少年問題に対する関心の高さが感じられた研修会でした。

特別イベント「東日本地区SC,ISS推進自治体とRISTEX統合実装プロジェクトとの意見交流会」/2014年4月20日

[主 催] 日本市民安全学会、
    「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクト、
     一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ、
     独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター(JST/RISTEX)
[会 場]  明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン8階 A7、8会議室
[内 容]
 「SC、ISSの推進に係る科学的根拠に基づいた安全活動の実施に向けて」と題して、自治体関係者(厚木市、豊島区、秩父市、さいたま市)等、社会実装プロジェクトの関係者、そして日本市民安全学会会員を含めて当日は50人ほどの参加があり、意見交流会が行われました。前半は、RISTEX統合実装プロジェクトの紹介が行われました。



・安全意識評価システム ~住民意識を安全施策に反映する~  小島隆矢氏
・外傷記録評価システム ~外傷記録を安全学習に活用する~  西田佳史氏
・SC総合学習プログラム1 ~ネットリスクの理解と対策~  下田太一氏
・SC総合学習プログラム2 ~地域住民による「まちの安全点検マップづくりを通した行動計画の作成と聞き書きマップの紹介~  山本俊哉氏・原田豊氏
 さらに、厚木市におけるサーベイランス委員会の活動について渡辺良久氏からの話題提供の後、休憩をはさみ、後半はワールドカフェ形式でのグループ討論が行われました。
 ワールドカフェとは、カフェで雑談するような自由な雰囲気の会議方法のことで、参加者から多くの質問や意見が集まりました。
****


 それぞれのテーマごとに新しい可能性が創出され、たいへん有意義な意見交流会となりました。今回のイベントでは、各グループでの記録係を始め、会場運営などで明治大学の学生のみなさんにご協力いただきました。

特別イベント「浦安防犯サミット」が開催されました/2014年3月21日

[主 催] NPO浦安防犯ネット
[後 援] 浦安市、浦安警察署、浦安市教育委員会
[会 場] 市民プラザウェーブ101
[内 容]
 日本市民安全学会では、10月に浦安市で、第11回日本市民安全学会東日本大会を開催する予定です。今回は、大会にさきだち、石附会長、倉持事務局長はじめ多くの会員が、特別イベント「浦安防犯サミット」に参加しました。このイベントは、安全で安心な町づくり及び防犯活動のネットワークづくりを推進するため、防犯活動の事例発表を通じて、若い人たちの活動支援を目的に開催されました。


防犯関係のイベントとしては、大学生グループと高校生グループが発表するなど、若者の意欲的な取組みが紹介されました。
****
 明日の地域社会、明日の日本を支える若者達とイベントの場を共有できたことは大変すばらしく感じました。ただ、高校生も、大学生も卒業がありますから、担い手を次々受け継いでいかなければ継続できないという困難な課題があることもわかりました。


当日の詳しい内容はこちらをご覧下さい。

新春「生活安全」フォーラムを開催しました/2014年1月19日

[主 催] 日本市民安全学会
[共 催] 玉川田園調布防犯パトロール隊
[会 場] 八幡小学校
[内 容]
1.基調講演:消費者としての知恵を磨こう~高度詐欺犯暗躍時代を生き抜くために」

消費生活コンサルタント 木村嘉子氏

 消費生活センターの役割・活動の紹介をはじめ、我々が日頃耳にした事がないような、未公開株取引による詐欺、CO2排出権取引による詐欺、カンボジアの土地の所有権による詐欺、健康食品の送りつけによる詐欺、などといった多彩な手口をご紹介いただきました。これらの詐欺被害に遭わないためには、個々人での取り組み、組織的取り組みを複合的に行っていくことが重要とのことでした。

2. みんなで討論
 「消費者生活の安全安心」をテーマに、講演内容が特にセンセーショナルであったせいか、参加者からも積極的に質問や意見が交わされました。
****
 高齢者でも、若年層・中年層でも、日常生活の上で詐欺に遭う危険性は増えています。その手口が多様化・高度化している中、よくメディアでもその実態について取り上げられる事も多くあります。個々人が気を付ける事も勿論でしょうが、クーリング・オフや関係する法律など、正しい知識を身に付けられるよう、情報共有をしていく働きかけを社会全体でしていく事が必要なのではないでしょうか。

特別イベント「ユニークな開放的ゲーテッド・コミュニティの実現を目指して」を開催しました/2013年12月8日

[共 催]日本市民安全学会、玉川田園調布会防犯パトロール隊
[会 場]八幡小学校
[内 容] 
1 これまでのパトロール隊の10年の活動報告と「開放的なゲーテッド・コミュニティ」
  玉川田園調布会防犯パトロール隊 前田浩雄氏
2「ゲーテッド・コミュニティの本来の意味と可能性」
  ㈱都市ガバナンス研究所代表 
  政治学者 竹井隆人氏
 物理的なゲーテッド・コミュニティの限界性と誤謬を提起し、よりよいまちづくりを形成していくためには物理的な部分だけではなく、法整備や住民全員が政治的参加できるような総合的なタウンマネジメントが必要という強烈なアンチテーゼを提言していただきました。
3 フォーラム
 玉川まちづくりハウスの伊藤雅春氏、石附会長等参加者全員により、固いテーマにもかかわらず熱心な議論がつづきました。
*****
いわゆる城塞のような物理的ゲーテッド・コミュニティは、強固で境界もはっきりしていて有効のようにも思えますが、ポイントはそれを運営する側であったり社会的土壌で、確かにそこに住んでいる人達が、自治に対して無関心であったりすると意味をなさないでしょうし、今回出てきた、「現行の日本の建築協定の下では、アメリカ式ゲーテッド・コミュニティは構築できない」ということにも表されるように、一概にひとつの手立てが満遍なくどの地域でも有効だとはいえないのが現状と言えます。しかし今回の特別イベントの結果、ひとつの「テーゼ(命題)」に対する「アンチテーゼ(反命題)」が、「ジンテーゼ(統合命題)」を生み出していくことを期待したい、そんな内容でした。

平成25年度「実践的文化創造としま塾」第5回を開催しました <命の危機管理とその処方箋>/2013年11月10日

[主 催] 日本市民安全学会
[後 援] 豊島区役所
[会 場] 豊島区勤労福祉会館
[内 容]
1「安全な学校・地域づくりあれこれ」
  明治大学教授 山本俊哉氏
池田小事件以降の各地域の学校での安全への取り組み事例を中心に、各自治体における先進的な地域の安全・安心への取り組みを紹介していただきました。
2「漂流・暴走時代における命の危機管理」     石附 弘 市民安全学会会長
全5回の総括をしていただき、様々なリスクが身近に混在する、将来的にも不安定な現代社会において、安全安心をどのように創造していくか、を参加者全員で討論しました。
*****
 平成25年度のとしま塾も、多くの皆様のご協力の下、全5回の日程を滞りなく終えることができました。石附会長のまとめにもありましたが、「漂流・暴走時代」の名の通り、ついこの間までには我々が想像し得る事のなかった危険・脅威が身を潜める時代となりました。東日本大震災から2年の月日が経ちましたが、首都圏直下型地震が近い将来に起こるという予測もあります。また、今年の夏も「猛暑」でした。それに伴うゲリラ豪雨による被害、台風による被害。災害だけでなく、少子高齢化社会やインターネット社会に潜む問題など、まさに、将来の予測が付かない時代に我々は直面しているといえます。このような時代に備えるには、専門家だけではなく、市民の立場からいろいろと知恵を出し合う事ではないでしょうか。

平成25年度「実践的文化創造としま塾」第4回を開催しました <子どもの安全・安心空間の質の向上を!>/2013年10月6日

[主 催] 日本市民安全学会
[後 援] 豊島区役所
[会 場] 豊島区勤労福祉会館
[内 容]
1「子どもの安全安心空間の創造」
  セコム㈱IS研究所の舟生岳夫氏
 子どもを取り巻く犯罪の現状や、子どもが犯罪に巻き込まれないために普段から教えておくべきこと、今までの対策でありがちな誤解、製品・環境の安全設計(キッズデザイン)などを丁寧にご説明いただきました。


2「これからどうなる“ネット社会と子どもの世界”」
  (一財)インターネット協会 大久保貴世氏
 現在普及している「スマートフォン」や、LINEやFACEBOOKといったSNSの危険性について講演いただきました。

3「乳幼児の事故の現状と保育施設での安全管理」
  日本女子体育大学 内山有子氏
 保育施設での事故の現状と、安全対策について講演いただきました。
*****
 携帯電話、スマートフォンなど便利な通信機器が主流となっている現代において、その分未成年を取り巻く環境も複雑化し、トラブルに巻き込まれるケースも増えてきました。正しい使い方をすれば便利なツールであるだけに、いかに早い段階で安全教育をしていくかがクローズアップされた講習でした。

平成25年度「実践的文化創造としま塾」第3回を開催しました <手作りのコミュニティづくりが安全・安心の礎>/2013年9月8日

[主 催] 日本市民安全学会
[後 援] 豊島区役所
[会 場] 豊島区勤労福祉会館
[内 容]


1「発見をまちづくりにデザインするコツ」  
  ㈱D&D STUDIO社長 櫻田秀美氏



国道と環状線との交差点付近で、住宅地への通過交通が非常に多く通学路の交通安全上の問題があった世田谷区 瀬田地区にて、小・中学生と大学生、地元住民の協力で「通学路に名前」を付け【 動物道しるべ 】創りをした、「せた文教サミット」の取組みを紹介していただきました。


2 「新しい発想の安全安心なまちづくり」  (独)建築研究所 樋野公宏氏
 地域で活動している防犯ボランティアも、メンバーの拡大、高齢化といった問題を抱えており、持続性が非常に難しいという課題もあることから、日常の活動・まちづくりにうまく防犯をプラスしていくことで、持続性を持たせる工夫について、事例とともに紹介していただきました。
 *****
 一口に防犯の活動といっても、それに特化した活動の場合、治安が好転すると活動目的が曖昧になったり士気が低下するなど新たな課題が出てきます。地域の安全安心には、持続的取り組みが重要ですが、そのためにも日々の地域の活動を楽しみながら無理なく取組める工夫や、まちづくりの手法の導入等を通じ、やり甲斐と成果がわかるように進めていくことが大切ではないでしょうか。

10周年事業 関西研修会を開催しました/2013年8月10日〜11日

[主 催] 日本市民安全学会    [協 力]京都産業大学
[会 場] キャンパスプラザ京都
[内 容]


今回は、京都産業大学にご協力をいただき、『「むすび&わざ」と「まちの安全&市民の安全」』をテーマに、京都産業大学防犯ボランティア「サギタリウス」の活動報告をはじめ、関西地区会員との活動報告交換を行いました。 主なプログラムは、以下の通りです。
○学会創設10周年記念を祝す・・・石附弘会長
○第1部 記念特別講演「建学精神『むすびとわざ』を想う」・・・             

京都産業大学学長(学会副会長) 藤岡一郎氏

○第2部 「防犯ボランティア『サギタリウス』の活動内容と人材確保等」・・・

京都産業大学教授 成田秀樹氏他、『サギタリウス』メンバー

○第3部 「むすび」と安全・安心
 ・「世代を継いでの「むすび」のわざ(大阪府堺市)」・・・

特定非営利活動法人さかいhill-front-forum理事長 池﨑守氏

・「自治体をつなぐネットワークづくりとセーフコミュニティの魅力」・・・

神奈川県厚木市 倉持隆雄氏

○第4部 「わざ」と安全・安心
 ・「池田小のセーフスクール国際再認証とこれからの「子供安全教育のあり方」」・・・

大阪教育大学危機メンタルサポートセンター教授/センター長 藤田大輔氏

「団地コミュニティのエリアマネージメントの技」・・・

神戸市北須磨団地自治会長 西内勝太郎氏

・「セーフコミュニティ再認証を終えて」・・・亀岡市SC担当理事 山内勇氏
○第5部 問題提起(話題提供)と全体討論
 ・「グローバルセキュリティ時代(世界の安全・安心)」・・・

京都産業大学准教授 浦中千佳央氏

・「安全は人でつなぐ スマホ時代の落とし穴(子どもの世界は、今?)」・・・

NPO法人青少年育成審議会JSI理事長 吉村憂希氏

・「犯罪者の更正と市民の安全・安心について」・・・弁護士 大川哲次氏
・「更正保護法人両全会の取り組み」・・・同理事長 小畑輝海氏
・「被害者支援センターとは?」・・・富山県被害者支援センター事務局長 能島統主氏
・「玉川田園調布会のパトロール10年とまちの成長」・・・前田浩雄氏
・「交通誘導警備員の有罪判決を考える(事故の責任は誰が負うのか?)」・・・

前神奈川県警備業協会専務理事 早川正行氏


翌8月11日には特別研修会として、比叡山延暦寺叡山文庫の文庫長、瑞応院住職の山田能裕大僧正より、ご法話をいただきました。お話は、叡山文庫の成り立ちから、比叡山の歴史・地理や生活文化、ご自身の修行体験、現代の世相に至るまで、幅広い内容のものでしたが、歴史に学び、様々な知見を養う事が、現代社会において我々が生きる上で、日々の生活を豊かなものにしてくれるということを学びました。

平成25年度「実践的安全文化創造としま塾」第2回を開催しました/2013年7月21日

[主 催] 日本市民安全学会 警察政策学会(市民生活と地域の安全創造部会)  [後 援] 豊島区
[会 場] 豊島区勤労福祉会館
[内 容]


第2回目の今回は、「身近な「事件・事故の死角」の見つけ方と対処法」をテーマに、国立精神・神経医療研究センター室長の舩田正彦氏による「脱法ハーブの危険と命の危機管理」、豊島区立朋友小学校長の田淵貢造氏による「インターナショナルセーフスクール認証と子どもたち」それぞれ講演をいただきました。
 その後、早稲田大学法学部非常勤講師の渡辺巧氏より、「ストーカー事案に関する相談について」話題提供の後、講師、参加者を交えての自由討論を行いました。

平成25年度「実践的安全文化創造としま塾」第1回を開催しました/2013年6月16日

[主 催] 日本市民安全学会 警察政策学会(市民生活と地域の安全創造部会)  [後 援] 豊島区
[会 場] 豊島区勤労福祉会館
[内 容]
 第1回目は、東京湾岸集合住宅防災ネットワーク代表幹事千田節子氏による「楽しくなきゃ防災じゃない!」、葛西昌医会病院村瀬恵子氏による「漂流老人・薬物事案と地域ネットワークの現場」、映学社 斎藤晃顕氏による「啓発映画活用法:問われる住民の防災力」の3講演の後、「まちへの思いをどう引き出し繋げていくか?」をテーマに受講者を交えて討論を行いました。


千田氏の「楽しくなきゃ防災じゃない!」は、阪神大震災をきっかけに自主防災会を立ち上げてから、現在湾岸の集合住宅の防災ネットワークを形成するに至るまでの、ユニークかつ奥深い活動・理念をご紹介いただきました。「防災」と聞くと少し身構えて形からばかり入ってしまい、訓練と言えばステレオタイプの物ばかりで厭きてしまう。しかし視点を変えれば、コミュニティの形成=防災に繋がって行く事が多々あり、とにかくみんなで楽しく活動をしていくことが重要、という事をお話いただきました。
 村瀬氏の「漂流老人:問われる住民の防災力」では、高齢者、薬物依存など、医療現場の生々しい実例をご紹介いただきながら、医療と地域、他の関連機関との密なネットワーク形成の重要性を示唆いただきました。
 斎藤氏の「啓発映画活用法:問われる住民の防災力」では、作品を実際に鑑賞しながら、防犯・防災教育の実践例として、映像を利用した啓発活動の有効な活用法をご紹介いただきました。