総会・大会(2015年以降)

2017年7月15日/第14回 日本市民安全学会富山大会/富山市 世代を超えて安全・安心を考える! in 富山
〜環境・安全・安心・健康・暮らしからのアプローチ〜

[主催]日本市民安全学会
[後援]富山市・警察政策学会市民安全と地域の安全創造研究部会・交通事故総合分析センター・全国読売防犯協力会・全日本教職員連盟・富山県交通安全協会・富山県防犯協会・富山県暴力追放推進センター・とやま被害者支援センター・富山県安全運転管理者協会・富山市社会福祉協議会・富山県警友会・富山市交通指導員連絡協議会・富山市保護司会・青少年育成富山市民会議・富山市指導委員連絡協議会・富山県保護司会連合会・富山県読売防犯協力会(東部地区)・富山県教職員連盟・YKK AP(株)・日本セーフティプロモーション学会
[協賛]富山県トラック協会・北陸銀行・北陸電力・富山地方鉄道(株)・(株)映学社・生涯学習支援機構・(株)インテック・ハッソー(株)・北酸(株)・河上金物(株)・富山県警友会・富山信用金庫・青少年育成富山市民会議・五省会

[内容] 学会会長の石附弘氏と、今回の富山大会を全面的にバックアップしていただいた学会理事の能島統主氏の挨拶に続き、基調講演が行われました。
  
 埼玉大学の久保田尚氏からは「通学路(交通事故)ビジョンゼロ戦略(新潟市事例)」と題して、子どもたちの通学路を安全に保つ試みが紹介されました。抜け道となっていた細い通学路では、自動車を通行止めにして、登下校時の安全を確保する事例や、ライジングボラードによる通行規制を実現する事例などが紹介されました。
  続いて、富山市長の森雅志氏からは「コンパクトシティ戦略によるとやま型都市経営の構築~公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり~」と題して、富山市のまちづくりについてお話ししていただきました。日本初のLRT(Light Rail Transit)を整備し、まちに出てきやすく滞在しやすい環境を構築したこと、中心市街地に子育て世代などが利用しやすい施設を作ったことなどにより、まちの活性化がなされたとのことでした。


 その後、5つの分科会に分かれ、さまざまな角度から市民安全について議論がなされました。
第一分科会:「環境・意識」の変化と「安全・安心の創造」
第二分科会:高齢者の「移動の自由」と「安全・安心の創造」
第三分科会:犯罪や事故から子どもを守る「安全・安心空間の創造」
第四分科会:「超高齢社会の特性」と「安全・安心の創造」
第五分科会:「共生社会の暮らし」と「安全・安心の創造」
  第一分科会では、社会がものすごいスピードで変化していく中で、市民生活が円滑に進んでいくための社会の仕組み、生活するうえでのリスクとその予防について議論がなされました。第二分科会では、家の中や庭、道路など、高齢者が移動する上でのバリアとその解決方法などについて議論されました。第三分科会では、犯罪から子どもを守るための取り組みについて、ソフト的手段、ハード的手段を交えてその対応策について議論が進みました。第四分科会では、超高齢社会を迎えた現状を踏まえ、健康に安全に安心して暮らせる社会の仕組みとその対応策としての地域連携について議論がなされました。第五分科会では、障がい者、犯罪被害者、犯罪からの矯正者、認知症の高齢者など、さまざまな人たちが社会を構成する中、寛容性や共感性が求められている現状把握とともに、共生社会の実現に向けた議論がなされました。
 最後に、学会副会長の藤岡一郎氏の全体を総括した挨拶をもって、富山大会の閉会となりました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
基調講演が熱く始まったこともあり、各分科会の議論が熱をもって進んでいった大会でした。世代を超え、また多面的に安全・安心を考える一日になりました。当日は、富山市を始め、富山大学の学生のみなさんにも協力していただき、スムーズな運営ができました。 翌日の7月16日には、学会有志のメンバーによって、富山市まちなか総合ケアセンターの視察が行われました。富山市の中心市街地活性化の施策の一つであり、とてもきれいで利用しやすそうな施設でした。

* * * * * * * * *  * * * * * * *
富山大会に際しての石附会長からのメッセージを付記します。
 
1 市民安全をめぐる最近の情勢変化についてのコメント
(1)交通安全のシンボル「信号機」を撤去、「ラウンドアバウト」登場の意味  
 人身事故の約6割が交差点近くで発生し、特に歩行者にとって交差点は「鬼門」。信号機設置は長く交通安全対策のシンボルでした。しかし、信号機の大量更新期の到来、3.11東日本題大震災時の停電(機能マヒ)、低炭素時代の到来(環境変化)、経済性(設置費用や管理費の削減)、交通事故の減少(安全性)、円滑性(車の流れ)確保などの諸ニーズや、交通秩序を地域住民の自律的交通秩序の形成に委ねるという先進的なラウンドアバウト(環状交差点)が登場し(H25.3、飯田市東和町交差点)、国も所要の法改正を行いました。これも超高齢社会への対応の1つとみることができます。
(2)「防・災」の「災」の大変化=「防」の中身・やり方を見直す必要
 近年の自然災害は、極端気象の例が示すとり局地的かつ経験のない態様のものが全国で発生しています。新たな災害情勢に対処するためには、これまでの①避難所避難(シェルタリング)に加え、②緊急時には自らの判断で「命を守る行動」(エヴァキュエーション)をとることが求められており、市民レベルのレジリエンス防災の普及が急がれる所以です。
(3)「防・犯」の「犯」の大変化=「防」の中身・やり方を見直す必要  
 財産犯罪(被害金額)において、長らく首位にあった「盗犯(泥棒)」が、近年、知能犯(オレオレ詐欺犯など)に地位を奪われ、この双方への暴力団関与が深まっている。では、これまでの防犯活動は、蔓延する詐欺犯(知能犯)にどれだけ有効な対策が取られていたでしょうか?高齢者や子どもの安全対策において、「『騙されない』人づくり・地域づくり」が急務と思います。
(4)「スピード」自体が脅威  
 これまでの交通事故・犯罪・災害に対する安全対策は、「スピードや加速度とう視点」を必ずしも意識しないものでした。他方、超高齢社会の進展やサイバー世界の変化のスピードは、われわれの想像をはるかに超えるもので、市民生活の新たな課題を生み出し既存の社会安全システムとのギャップが拡大しています。身近なところでは、津波や土石流のスピードに負けない逃げるスピードを身につけなければなりません。即ち、今や、「スピード」そのものを脅威として、安全対策の基軸に据えなければならないのではないかと考えています。

2 富山の庶民哲学(言葉の置き薬)と江戸人の知恵  
 江戸時代の言葉に、「『気の毒』といわれる前に『気の薬』」というのがあります。事件事故の被害後に「気の毒」といわれる前に、「気の薬(事前の安全対策)」を飲んでおきなさいと。ところで、薬といえば富山、売薬さんが、大きな柳行李で寒村僻地を含む全国に「置き薬」を届け人々の健康に貢献した歴史は有名です。  この売薬さんが「置き薬」とともに、子どもには紙風船を、大人には「言葉の置き薬」を配り歩いていました。「健康な毎日で豊かな生活」「薬は苦の種、苦は楽の種」「困難を嫌がる心はかえて苦しいことを作り出す」「笑顔は人生の最も美しい花」等庶民の日々の教訓を配っていたのです。「薬による『体』対策」と「言葉の置き薬による『心』対策」をやっていたことに驚かされます。 「高いつもりで低いのが教養」「強いつもりで弱いのが根性」など「つもり違い10か条」は耳の痛い教えであり、教養を「安全意識」、根性を「骨」に置き換えると、超高齢社会における本大会テーマにも繋がってきます。「こころが脆いのが18歳、骨が脆いのが81歳」だからです。  
 その市民生活の叡智を生み出した富山の地で、本大会を開催できたのも、売薬さんのご縁かも 知れません。

*       *       *  

 最後に、本大会の開催にあたり、ご尽力をいただいた多くのご関係の皆様に、再度、こころから感謝申し上げますとともに、本フォーラムが、参加された皆様にとって「世代を超えて安全・安心を考える学び合いの場」となれば幸いです。 
 

2017年5月27日/平成29年度日本市民安全学会総会/日本大学法学部三崎町キャンパス
特別記念講演「子どもの安全教育とESD(持続可能な開発のための教育)

 □総会 5月27日(土)、千代田区三崎町の日本大学法学部三崎町キャンパスにて、日本市民安全学会総会が行われました。平成28年度の事業報告に続き、収支決算報告と会計監査報告がありました。平成29年度の事業計画および収支予算について審議され、いずれも全会一致で可決されました。 平成29年度の活動方針としては、「迫り来る危機時代と市民安全レジリエンス」をテーマに、特別研修会を開催し、富山での第14回大会、秩父での第15回大会などを通じて、市民安全について考えていくことが確認されました。

□特別記念講演
講師 東京大学大学院教育学研究科准教授 北村友人氏
演題 子どもの安全教育とESD(持続可能な開発のための教育)
 ESDとはEducation for Sustainable Developmentの頭文字をとったもの。持続可能な開発のための教育を通じた、総合的な安全教育のあり方についてお話ししていただきました。子どもたちに向けた安全教育は、交通・災害・生活についてそれぞれ独立で学習するケースが多くなっていますが、個別ではなくあらゆる危険を有機的につなぎ合わせて考えることで、より現実的な安全教育にすることが可能となるとのことでした。さらに、小学校や中学校での街歩きや安全マップ作りを通じた、児童・生徒への効果測定の結果などについて詳しくお話ししていただきました。

□子ども・女性の安全対策 さらに、子ども・女性の安全対策について、日本大学法学部教授の尾田清貴氏に解説していただきました。
 子どもや女性に対する強姦や強制わいせつの再犯率が高く、更生保護施設のキャパシティの問題や、保護司の担い手の問題などがあることについて解説していただきました。一方で、小学校での防犯教育を担う人材の不足により、同教育の実施率が低いという対策面の問題も指摘していただきました。
 

2016年5月22日/平成28年度日本市民安全学会総会/生活産業プラザ(豊島区)
記念講演「その時私は地下鉄サリン事件の現場にいた

□総会 5月22日(日)、豊島区の生活産業プラザ501号室にて、日本市民安全学会総会が行われました。平成27年度の事業報告に続き、収支決算報告と会計監査報告がありました。平成28年度の事業計画および収支予算について審議され、いずれも全会一致で可決されました。
 28年度の活動方針としては、見えざる危機への対応をテーマに「ちよだ塾」を昨年に引き続き開催し、大阪での西日本研修会や、セーフコミュニティ認証事業の支援などを通じて、市民生活の安全について考えていくことが確認されました。

 □記念講演
 講師 元警視庁鑑識課係長  杉山 克之 氏
 演題 その時私は、地下鉄サリン事件の現場にいた! 」
 のちに、オウム真理教が日本で引き起こしたテロ事件と判明する「地下鉄サリン事件」。その現場に鑑識官として真っ先に飛び込んだ時の体験をお話していただきました。霞ヶ関駅に止まっていた車両の窓を開け、新聞紙に包まれた物体を覗き込んだ直後に、身体に異変が起きたとのことです。
 その後、車外で倒れ、九死に一生を得たものの、今でも後遺症に悩まされる日々を過ごされているそうです。このサリン事件をはじめ、警視庁在庁中に数々の事件の現場を体験された杉山氏ならではの危機管理について講演していただきました。

* * * * * *
 いま、世界ではテロが多数起こっていますが、対岸の火事と考えず、万が一の心構えを持ち、その対処方法を理解しておくことが大切であると考えさせられた講演会でした。 

2016年1月17日/第13回日本市民安全学会世田谷大会/三茶しゃれなあどホール
「世田谷区”子どもの安全”を考えるフォーラム 〜そこが知りたい 子どもの「安全と危険」の境界〜」

[主催] 日本市民安全学会、世田谷区教育委員会
[会場]三茶しゃれなあどホール


[内容]
 今回は、子どもの安全にフォーカスして行われました。世田谷区教育委員会教育長の堀恵子氏の挨拶の後、「通学路は“お化け屋敷”?」と題し、石附弘会長の基調講演が行われました。“お化け屋敷”は、通常、真っ暗で、①“お化け”がどこにいるか分からない(認知(情報)能力限界)、②次の瞬間、何が起こるか分からない(予知・予測能力限界)、③“お化け”が出た時、びっくりして、最適行動がとれない場合があります(行動能力限界)。暗い夜道の痴漢被害や夜間の街路灯の無い道路での交通事故などは、①②③の『人間の安全能力限界』によることが多く、安全対策とは、これら①②③の能力限界を、自助・共助・公助の3つの安全活力の向上により持続的に安全能力限界を克服する社会的営みにほかならないことを、具体的事例を引いてお話いただきました。
 その後、3つの分科会に分かれ、子どもたちの安心・安全についての議論が熱心に行われました。


第1分科会
 そこが知りたい“通学路の交通安全”では、久保田尚埼玉大学大学院教授による特別講演「大人と子どもで創る交通安全の知恵」で、通学路の新しいツールであるソフトライジングボラードの導入のお話の他、映画「スマホ・ケータイしながら大丈夫?~『ながら』の行動が交通事故を起こす」(映学社)、産総研西田佳史氏による科学講演、櫻田秀美氏による現場報告、大日向勝彦氏による警察講話が報告されました。


第2分科会
 不審者やストーカーから“どう守る「みちの安全」”では、前厚木市危機管理部長倉持隆雄氏による特別講演のほか、映画「見過ごしてしまった危険~ストーカー対策のポイント」(同上)、村瀬恵子氏による現場報告、高梨武氏のよる警察講話「子どもが犯罪に巻き込まれないために」が報告されました。       


第3分科会
 そこが知りたい“ネット社会の脅威と子どもの安全”
内田孝正氏による特別講演「少年非行とネット社会」のほか、映画「そのクリックは危険です!~被害にあった10代20代の若者たち」(同上)、学生団体Re:incによる「WSから見えてきた小中学生のネットリスク」、吉岡良平氏による総括講演「ネット社会と子どもの安全」が報告されました。 


* * * * * *
 交通事故、不審者、ネット社会リスクといった、いま、子どもたちの目の前にある不安がテーマということで地域の方々の関心も高く、多数の世田谷区民にも参加していただきました。また、いずれの分科会でも、映学社さまのご厚意により、関連する映画の鑑賞が組み込まれ、理解が一層深まった大会となりました。

2015年11月14日/第12回日本市民安全学会厚木大会/厚木市文化会館
「セーフコミュニティで元気・安心・安全なまちを創ろう!〜地域の安心・安全の質の向上を目指して〜」

[主催] 厚木市、日本市民安全学会
[後援]厚木市セーフコミュニティ推進協議会、全国セーフコミュニティ推進自治体ネットワーク会議、日本セーフコミュニティ推進機構、日本セーフティプロモーション学会、警察政策学会市民生活と地域の安全創造研究部、子ども安全まちづくりパートナーズ
[会場]厚木市文化会館


[内容]
厚木市の市制60周年およびセーフコミュニティ再認証を記念して行われた今回の全国大会。厚木の小林常良市長の挨拶の後、石附弘会長の基調講演が行われました。石附会長は、厚木市のセーフコミュニティ専門委員でもあり、その立場からのお話をしていただきました。その後、4つの分科会に分かれ、厚木の安心・安全、日本の安心・安全についての議論が行われました。


第1分科会   交通安全・自転車生活 の安全
第2分科会   子どもの安全・地域の安全・学校の安全
第3分科会   効果の上がる安全対策(サーベイランスとその活用)
第4分科会   みんなで取り組む力(協働性の推進)


ダイジェストをご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。


抄録集全体をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。



* * * * * * * * * *
あいにくの雨でしたが、多くの厚木市民にも参加していただきました。市民の皆さんと全国から集まった専門家が一緒になって活発な討論が行われました。セーフコミュニティをキーワードに、市民協働の安心・安全なまちづくりの方向性が示された大会となりました。






2015年5月17日/平成27年度日本市民全学会総会/黄金町エリアマネジメントセンター(横浜市)

1 総会


5月17日(日)、黄金町エリアマネジメントセンターのSite-D集会所にて、日本市民安全学会総会が行われました。平成26年度の事業報告に続き、収支決算報告と会計監査報告がありました。一部の役員改選と、平成27年度の事業計画および収支予算について審議され、いずれも全会一致で可決されました。
 本年度の活動方針としては、昨今のさまざまなリスク事象を学ぶ場としての「ちよだ塾」を中心に、奈良での西日本大会、厚木での東日本大会、さらにはセーフコミュニティ認証事業の支援など、市民安全学のさらなる前進の年とすることが確認されました。

2 記念講演
 講師 初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会副会長  小林 光政 氏
 演題 「まちは生き物〜黄金町復活の秘策〜」


 ご講演に先立ち、黄金町エリアマネジメントセンターの木村さまより、当該地区のまちづくりのあゆみと現在推進中の「アートによるまちづくり」についてご紹介いただきました。小林さまからは、地域に存在した4つの問題(売春、暴力団、オウム、語学学校)に対応するため設立された環境浄化推進協議会についてのお話、その後の新たなまちに生まれ変わるまでの様々なご苦労についてお話をいただきました。

* * * * * * * * * *


 みなとみらい21地区にほど近いところに、日本有数のアングラ地帯が10数年前まで存在していたことを知りませんでした。いまでは、アートを中心にしたクリアな住環境が整い始めており、まちのあちこちにアートな空間が見られました。しかし、かつての面影が残る場所もあり、地域の方々の活動は続いていくようで、マイナスからのまちづくりの難しさを考えさせられた勉強会でした。